【ウズベキスタン旅行準備】アフラシャブ号の乗車券をネットで予約してみた

旅行記
旅行記予約関連

※当ブログ記事内の外部リンクはPR広告を含みます。ご了承ください。

ぽや妻
ぽや妻

こんにちは!
ぽや妻@poyatabi)です。
2023年10月末〜11月頭のウズベキスタン旅行でアフラシャブ号の事前予約をしたので、その時のことをまとめておきます。どなたかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ウズベキスタン旅行|準備編

画像をクリックするとYouTubeに移動します|ウズベキスタン旅行準備編

↑動画にもまとめてみましたので、よろしければご覧ください☺

ウズベキスタンの旅の動画をまとめてご覧になる場合はこちらのリスト(YouTubeの動画リストに移動します)からどうぞ。

【おねがい】この記事の情報はぽや妻が予約した時点での情報ですので、必ず最新の情報を確認するようにしてください。システムが急に変わる場合もありますので、その点は何卒ご了承ください。

アフラシャブ号のチケットの予約開始は45日前から!(2023年12月現在)

※2カ月前から予約ができるという情報もあったのですが、ぽや妻が予約した際には45日(44日?)前からでした。システムが変わる場合もありますので、皆様は2カ月くらい前になったら最新情報を確認してください!

チケット予約開始は45日前となっています。ぽや家の場合、10/28のチケットを9/14に予約しました。予約開始日の数日前から何時から予約ができるようになるのかと観察したところ、44日前の午後2時から予約できるようになりました45日前じゃないのかい…?数え方の問題かもしれないですね。 ※ぽや妻の場合はこうでしたので、予約開始と同時に予約しようと思っている方は数日前から開始時刻など含め様子を確認してみてください~!

ちなみに、ウズベキスタン鉄道のサイトからはアフラシャブ号以外の長距離列車(特急や夜行列車)も予約が可能です。こちらも予定が決まっているのでしたら早めに席を抑えておいたほうが無難かと思います。

現地に着いてから窓口で購入したほうが安いという情報がありますが、ぽや家は窓口での価格をチェックしていないので真相はわかりません。たぶんネットのほうが手数料はのっている気はしますね。

余談

ウズベキスタンではクレジットカードが使えるお店が多くとても便利でしたが、クレジットカードを利用すると1.5%くらいの手数料が追加請求されます(クレジットカード会社によって手数料の率は変わるようです)。現金は桁が多くて使いにくいのでクレジットカード決済ができると本当に助かりますし便利でした~☺ タシケントの地下鉄はVISAタッチで乗車可能でした(市内のバスもクレカのタッチ決済で乗れるらしいです)。

予約には会員登録が必用

まずはウズベキスタン鉄道のサイトへ移動して会員登録します。

メールアドレスとパスワードを登録するだけなので簡単です。

サイトに移動したら右上のログインをクリックします。

するとログインボタンの右下に『Registration』というボタンがあるのでこちらをクリック。

デフォルトではTELEPHONE(電話番号)での登録になっていますが、その隣のEMAIL(メールアドレス)での登録に変えてください。Eメールアドレスとパスワードを入力してREGISTERを押せば完了。これで現地からもログインできるようになり、新規予約やキャンセルも可能になります。

予約したチケットは登録Eメールアドレス宛に送られてきます。

列車の進行方向に注意

予約時に注意したいことが2つ。
1.列車の進行方向
2.座席の向き

進行方向は座席指定のときに矢印が示している方向になります。↑エコノミー席では右側に矢印が向いていますが、なぜかビジネスクラスになると反対方向を向いています…。『え!?』ってなりますが、この矢印を信じて大丈夫です。予約画面上の矢印の向きが正しい進行方向です。

次に座席についてですが、どの車両でも中央で向かい合わせになるように席が配置されていいるので、真中のテーブルを挟んで2列は向かい合わせということになります。これを知らずに予約してしまうと見知らぬ誰かと向かい合わせで何時間も過ごすことに…。

ぽや妻は個人的には進行方向はどちらでもよい派ですが、ぽや夫さんは後ろに進むと酔いやすいみたいなので、できれば進行方向に向く席を確保するようにしています。今回は矢印を信じて予約したので、全ての区間で進行方向に向いた席に座れました!

予約時にはパスポート番号が必用

チケットの予約には生年月日やパスポート番号が必用になりますので、手元に用意しておくようにしましょう。列車の検索画面はわかりやすいので、迷うことなく予約できると思います。

何度もチケットの予約をする場合は最初に買った時のデータ(氏名やパスポートデータ等の個人情報)が記憶されているので、再度記入する手間がなく便利です!

クレジットカード決済が可能

メジャーなクレジットカードブランドでの支払いが可能です。ぽや家は最初『PaySys』という決済サービスを選択したのですが、名義のところに文字が打ち込めず決済できなかったので、他の決済サービスである『stripe』を選択しなおしたところ無事決済ができました。『PaySys』のほうが決済手数料が安いようなのでこちらを使いたかったのですが、使えなかったので仕方ないですね…(昨日ウズベキスタン鉄道のサイトにアクセスしてみたところ、決済画面で『PaySys』が選択肢から消えていました)

ちなみに『stripe』は英国のシステムなのでポンド建てでの決済になり、決済手数料も追加されます。

決済サービスには認証が必用な場合があるようなので事前に確認しておくと良いと思います。ぽや家の場合はエポスカードで支払いをしたので、SMSで認証パスワードが送られてきました。SMS認証が必用なカードの場合は現地でSMS受信ができないと決済ができないかもしれません…。出発前に予約することをお勧めします。

チケットは登録したメールアドレス宛にPDFで届きます

決済が完了すると、登録メールアドレス宛にウズベキスタン鉄道からPDF乗車券が送られてきます。こちらを印刷して持参すれば乗れます。

スポンサーリンク

早めの予約が安心

ぽや家の場合、日程休暇の日数が限られているため日程をズラすことができません。そのため予定の日程で長距離移動の乗車券を確保することが大切になってきます。販売開始日の予約でも人気の時間帯や区間はアフラシャブ号のビジネスクラス席はすでに残っておらず、普通席での予約になりました。ビジネス、ファースト(?)クラスは車両が少ないので、ゆったりした座席を希望する場合には早めの予約をおすすめします!

(今回はエコノミーもビジネスも乗りましたが、ビジネスといっても席が若干広いくらいで、サービス内容に差はほとんど感じませんでした。エコノミーでも十分快適に過ごせたので、短い区間ならエコノミー席で良い気がします。)

今回のウズベキスタン旅行ではタシケント-ブハラ、ブハラ-サマルカンド、サマルカンド-タシケントの3区間をアフラシャブ号で移動しました。すべて予約開始当日の午後2時にサイトに繋いで予約できたのですが、ハイシーズンなどは予約当日でも完売になっている場合もあるそうです。これは旅行代理店や政府関係者(?)などがまとめて押さえてしまうからという噂があります。直前になると空席がでることもあるそうなので、あきらめずにサイトをまめにチェックしてみるのも良いと思います。

自力での予約が不安な場合は現地の旅行会社に頼むこともできますので、日程が決まっているようでしたら早めに問い合わせをしてみることをおすすめいたします。

アフラシャブ号はタシケント北駅から出発

タシケントからサマルカンドやブハラ方面へ乗る場合、出発駅はタシケント北駅になります。(タシケントには南駅もあり、こちらは夜行列車などが主に発着しています)

しかし、例外的にアフラシャブ号などの高速列車も南駅から出発する場合もあるようなので、事前に確認をされたほうが安心です。また、駅に行ってから出発駅が違う!?なんてことになっても大丈夫なように、余裕を持って駅に到着したほうが良いと思います。

駅の入場には荷物検査があります

アフラシャブの停車駅に入るためには荷物チェックを受ける必要がありました。手荷物のX線検査と金属探知機をくぐるだけですが、混雑していると時間がかかる場合もありそうですので、時間には余裕を持って駅に到着するのが良いでしょう。

ぽや家は1時間〜1.5時間くらい前に到着するように移動していました。駅の中には売店もある(サマルカンド駅の中には食堂もありました)ので、コーヒーやお茶を飲みながらのんびり列車を待つことができます。

関連記事

ウズベキスタンで使える配車アプリ、ヤンデックスゴーは必ずインストールしてから出発してください。本当に便利でした!

今回利用したSIMカード

今回の旅は韓国経由(帰りにストップオーバー)だったので、ウズベキスタンでも韓国でも使えるタイプのSIMをAmazonで購入して持参しました。

【アジアsim】アジア周遊 28カ国 10日間10GB Truemove

口コミには『ウズベキスタンで使えない』というのがあって大丈夫かな…と思っていましたが、ぽや家の場合問題なく使えました。不安定になったときは再起動すると治ります。

10日間用を買いましたので、日本を出発する日から帰国するまで使えたので、日本にいるうちにSIMを差し替え(日本でも使えるSIMです)、自宅に戻ってからのんびりSIMを入れ替えることができて便利でした☺

国内旅行・海外旅行の動画いろいろあります↓

2023 旅動画【総集編】|沖縄、マレーシア、ベトナム

2023年の旅行(動画が完結しているもの)を場所別にそれぞれ1本にまとめて観やすくしてみました。長い動画になっていますので暇つぶし・ながし観・ながら観におすすめです。

ぽや旅|旅動画一覧

動画リスト(目次)はこちら↓